音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Lou Rawlsの1986年のアルバム『Love All Your Blues Away』。
Lou Rawls / Love All Your Blues Away
Lou Rawlsは1933年生まれのアメリカのベテラン・シンガー。レコード・デビューは1962年と比較的遅いが、2006年に他界するまでの間に60枚近くものアルバムを出している。その内容は、ゴスペル、R&B、ソウル、ジャズ、ブルースなど様々。ハリと艶のある低音を持ち味とし、グラミー賞の「Best Male R&B Vocal Performance」を3度も受賞する実力派だ。ちなみに、Sam Cookとは高校時代の同級生である。

80年代中盤の本作は、Lou Rawlsが53歳となる年のアルバム。Jay Graydonがプロデュースを担当し、ポップス・サイドの前半(A面)とスタンダード・サイドの後半(B面)を持つ珍しい構成のアルバムになった。ポップス・サイドでは時流を捉えたAORナンバーを5曲歌い、スタンダード・サイドではジャズ・スタンダードを4曲歌っている。

前半5曲の作者は、Jay Graydon、Robbie Nevil、David Foster、Tom Keane、Richard Page等、AOR好きには垂涎の豪華な顔ぶれ。これを目当てにCD化を切望するファンに応え、昨年7月にソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから世界初CD化された。

前半では、シンセを用いたダンサブルな曲が3曲続いた後に、極上のAORチューンが2曲歌われる。
「Stop Me From Starting This Feeling」はそよ風の吹くような颯爽とした曲で、Pagesの微熱感覚のハモりがいつもながらにクール。もう1曲の「Learn To Love Again」は、Tata Vegaとの甘美なデュエットを繰り広げるロマンティックなバラードだ。この2曲を手掛けたのはDavid Fosterで、感動をプロデュースするFosterマジックに、分かっていてもハマってしまう。

オーケストラを使った後半では、Lou Rawlsがゴージャスかつ雄弁に歌う。Lou Rawlsの本来の持ち味が発揮されるのは、こちらなのだろう。

フロント・カヴァーのLou Rawlsは、シックなスーツに身を包んで窮屈なポーズを取っているが、バック・カヴァーではカジュアルな装いで椅子にあぐらをかいている。A面のポップス・サイドよりもB面のスタンダード・サイドの方が、Lou Rawlsにとってはリラックスするものだったのかも知れない。
Lou Rawls / Love All Your Blues Away (バック・カヴァー)

●収録曲
1. Change Your Mind - 4:41
2. Are You With Me - 4:11
3. Love All Your Blues Away - 4:04
4. Stop Me From Starting This Feeling - 4:38
5. Learn To Love Again - 4:16
6. Willow Weep For Me - 4:09
7. We'll Be Together Again - 4:21
8. The Way You Look Tonight / 今宵の君は - 2:24
9. It Never Entered My Mind - 3:33


◆プロデュース: Jay Graydon(g, sy, ds)

◆参加ミュージシャン: Tata Vega(vo), John Mandel(ar), Jeremy Lubbock(ar, k), Chuck Domanico(b), John Kean/Mike Baird/John Guerin(ds), David Foster/Victor Feldman(k), Glen Ballard/Cliff Mangus/Michael Omartian/Steve George(sy), Alfie Silas/Bill Champlin/Richard Page(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/13 16:21 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/549-517aae38
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター