音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Bliss Bandの1978年のアルバム『Dinner With Raoul / デビュー!』。
The Bliss Band / Dinner With Raoul (デビュー!)
The Bliss Bandは、イングランド出身の職人ソングライターであるPaul Bliss率いるイギリスの5人組。Paul Bliss以外のメンバーは、Phil Palmer(g), Andy Brown(b), Nigel Elliott(ds, per), Alan Park(k)である。彼らは78年と79年にアルバムを1枚ずつ残しており、本作はデビュー・アルバムだ。

本作のプロデュースは、The Doobie BrothersのギタリストであるJeff Baxterが担当した。Paul Blissの優れた才能を見抜いたJeff Baxterの方からプロデュースを買って出たようだ。

The Doobie Brothersからは、Jeff Baxterの他にMichael McDonaldとKeith Knudsenが、またMichaelの妹のMaureenも本作に参加し、バック・ヴォーカリストを務めている。

Jeff BaxterとMichael McDonaldの名前から連想するもう一つのグループがSteely Dan。
Jeff BaxterはSteely Danの初期の3作品、『Can't Buy a Thrill』(71年)、『Countdown to Ecstasy』(72年)、『Pretzel Logic』(74年)におけるメンバーであり、Michael McDonaldも74年のツアー・メンバーを務めた他、それ以降のアルバムにコンスタントに参加している。

Paul BlissはSteely DanやDonald Fagenのフォロワーであり、本作はそのオマージュが色濃く表れた作品だ。
本作のフロント・カヴァーを見ても、色合いやロゴ、猥雑な雰囲気などが、Steely Danのデビュー・アルバム『Can't Buy a Thrill』と似ている。
Steely Dan / Can't Buy a Thrill

本作の収録曲は全てPaul Blissの作であるが、まるでSteely Danの初期の作品を聴いているような味わいがある。また、Paul Blissの歌い方にはDonald Fagenを思わせるところがあり、中田 利樹氏のCD解説によれば、本人も「ここでのヴォーカルはDonald Fagenからの影響が大き過ぎる」と語っているそうだ。

Paul Blissの作るメロディは情緒的で甘美であり、また英国らしい気品と味わいがある。「Slipaway」や「Stay A Little Longer」の見事に美しいハーモニーを聴くと、至福を感じると共に、Paul Blissの職業作家としての非凡な能力に感嘆する。

●収録曲
1. Rio
2. Over The Hill
3. Slipaway
4. Don't Do Me Any Favors
5. On The Highway
6. Right Place, Right Time
7. Stay A Little Longer
8. Here Goes
9. Whatever Happened
10. Take It If You Need It


◆プロデュース: Jeff Baxter(g)

◆参加ミュージシャン: Paul Bliss(k, vo), Andy Brown(b, vo), Nigel Elliott(ds, per), Phil Palmer(g, vo), Alan Park(k)
with Victor Feldman(per), Emilio Castillo/Stephen Kupka(horns), Michael McDonald/Maureen McDonald/Keith Knudsen(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/14 19:08 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(2)
コメント
The Bliss Bandは初めて聞いたバンドです。この頃はアメリカンTOP40ばかり聴いていたので英国のコアなグループは全く知る機会がなかったです。勉強してみます~
2017/03/14 21:40 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

The Bliss Bandはお薦めですよ。英国のバンドでありながらウェストコースト・サウンドへの憧れが感じられて、なかなか素敵な音を出してます。2枚のCDも去年再発されたばかりなので、入手し易いです。
2017/03/15 17:22 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/550-525f128d
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター