音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Valerie Carterの1977年のアルバム『Just a Stone's Throw Away / 愛はすぐそばに』。
Valerie Carter / Just a Stone's Throw Away (愛はすぐそばに)
Valerie Carterは、フロリダ生まれの女性シンガー・ソングライター。53年生まれの彼女は、21歳になる年の1974年にHowdy Moonというトリオでデビューした。Howdy Moonは74年に唯一のアルバム『Howdy Moon』を残して解散。そのアルバムをプロデュースしたのは、Little FeatのLowell Georgeである。

Howdy Moon解散後の彼女は、Little FeatやJames Taylorなどのアルバムのバック・ヴォーカリストを務めた後に、本作『愛はすぐそばに』でソロ・デビューを果たす。彼女は寡作で、スタジオ・アルバムを70年代と90年代に2枚ずつしか残していない。このうち特に70年代の2枚は、時代を超えて語り継がれる名盤である。

本作のプロデュースは、『Howdy Moon』を手掛けたLowell Georgeに加えて、EW&FのMaurice White、およびLittle FeatのプロデュースやEW&Fのエンジニアとして有名なGeorge Massenburgが担当した。曲によって分担しており、George Massenburgが5曲(1, 2, 3, 4, 9)、Lowell Georgeが2曲(6, 7)、Maurice Whiteが残りをプロデュースしている。

参加ミュージシャンもLittle FeatやEW&Fのメンバーが中心。Little FeatからはLowell George以外にBill Payne(k), Fred Tacket(g), Paul Barrere(g), Samuel Clayton(per)が、EW&FからはMaurice White以外にAl McKay(g), Andrew Woolfolk(sax), Larry Dunn(k), Verdine White(b)等が参加している。

Valerie Carterは3曲(2, 7, 9)の曲作りに参加しており、残りの曲はカバー曲などで構成している。
「Ooh Child」は、Five Stairstepsの70年のヒット曲のカヴァー。「Heartache」はLowell George作で、本人も79年のソロ・アルバム『Thanks I'll Eat It Here / 特別料理』で歌った。「Face Of Appalachia」はJohn SebastianとLowell Georgeの作で、Johnの74年のアルバム『Tarzana Kid』の収録曲。ブルージーなタイトル曲「A Stone's Throw Away」は、Barbara Keithの73年作『Barbara Keith』からのカヴァーである。

Valerie Carterはとびきりの美声だ。彼女がもの憂げに、頼りなげ歌う「Ooh Child」や「Cowboy Angel」では、その歌声の強烈な引力に抗いようもなく惹かれる。一方、EW&Fを思わせる「City Lights」のようなファンク・チューンでは、いなせにセクシーに歌う。とても魅力的な24歳の歌姫だ。

彼女の最新の活動を調べようと思ったら、今月の4日に他界していたことが分かった。70年代がまた少し遠くなったようで、ちょっと寂しい。

●収録曲
1. Ooh Child - 2:56
2. Ringing Doorbells In The Rain - 2:40
3. Heartache - 2:55
4. Face Of Appalachia - 4:15
5. So, So, Happy - 3:42
6. A Stone's Throw Away - 3:59
7. Cowboy Angel - 3:51
8. City Lights - 3:18
9. Back To Blue Some More - 5:49


◆プロデュース: George Massenburg, Lowell George/Maurice White(bv)

◆参加ミュージシャン: Valerie Carter(vo), Bill Payne/David Campbell(ar), Al McKay/Fred Tacket/John Hall(g), Bob Glaub/Chuck Rainey(b), Ernie Watts(sax), Fred White/Jeff Porcaro(ds), Jackson Browne/Deniece Williams/Linda Ronstadt(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/17 17:06 AOR名盤(1977年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/552-1d601de5
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター