音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Gerard Kennyの1980年のアルバム『Living On Music』。
Gerard Kenny / Living On Music (1980年)
Gerard Kennyはニューヨーク生まれのシンガー・ソングライターであり、ピアノ・マン。ニューヨーク生まれのピアノ・マンと言えばBilly Joelの名前が挙がるが、二人は親交があり、1970年から71年にかけてPrimoというバンドで一緒に活動している。

Billy Joelが71年にファースト・アルバム『』でデビューしたのに対し、Gerardはなかなか日の目を見なかった。彼がファースト・アルバム『Made It Thru The Rain』を出したのは、32歳になる年の1979年。英RCAレコードからのリリースである。ところが、翌80年にそのタイトル曲をBarry Manilowがカヴァーし、本国アメリカのBillboard Hot 100チャートにおいて10位となるヒットを記録。これにより、Gerard Kennyの名前が知られるようになった。

さて、本作『Living On Music』はGerard Kennyのセカンド・アルバムである。アメリカでレコーディングされているが、参加ミュージシャンは英国勢。The Bliss BandのPhil Palmer(g)、元AffinityのMo Foster(b)、元StackridgeのPeter Van Hooke(ds)、Frank Riccotti(per)、元PilotのBilly Lyall(sy)などが参加している。その多くは、ファースト・アルバムの参加メンバーだ。

本作からは、「Getting To Know Each Other」「Fantasy」「Jailbait」「Maggie」がシングル・カットされた。「Jailbait」はThe Beach Boys風の賑やかなナンバーだが、それ以外はGerardがピアノを弾きながら歌うピアノ・マンらしい曲。このうち、瑞々しいバラードの「Fantasy」が英国チャートの34位を記録している。

タイトル曲「Living On Music」の堂々とした歌いっぷりや美しいハーモニーは、どこかQueenを思わせる。"Living On Music" というタイトルには、音楽で生きていくという意気込みや実際にそうしているという自信が表れているようだ。

食事をしているフロント・カヴァーをよく見ると、テーブル・クロスには五線譜が引かれ、フライド・ポテトは音符の形で、マグカップの取っ手はト音記号になっている。音楽が好きだという気持ちが溢れ出ていて、見ていて幸せ。

このアルバムは、2016年7月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズにおいて、世界初CD化された。素直にGerard Kennyを祝福したい気持ちになる。

●収録曲
1. You're The Best / きみが最高
2. Fantasy
3. Sucker For Love
4. Crime That Pays
5. April's End / 四月の終わり
6. Southern Comfort
7. Maggie
8. Jailbait / 恋のとりこ
9. Getting To Know Each Other / 知り合えばふたり
10. Living On Music


◆プロデュース: Christopher Neil(bv)

◆参加ミュージシャン: Gerard Kenny(k, vo), Phil Palmer(g), Peter Van Hooke(ds), Mo Foster(b), Frank Riccotti(per), David Cullen/Billy Lyall(sy), Dominic Bugatti/Allan Carvel(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/21 17:18 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/554-649ab475
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター