洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Pages / Future Street (1979年) - アルバム・レビュー

2019年04月20日
AOR名盤(1979年) 2
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Pagesの1979年のアルバム『Future Street』の紹介です。
Pages / Future Street (1979年)
Pagesは、Richard PageとSteve Georgeの2人を中心とするグループ。メンバーは5人で、1978年のデビュー・アルバム『ファースト・ペイジス』では、Peter Leinheiser(g), Jerry Manfredi(b), Russ Battelene(ds)が残りのメンバーであった。この『Future Street』は2作目で、ギタリストがCharles "Icarus" Johnsonに、ドラマーがGeorge Lawrenceに代わっている。

彼らの作る音楽は、ポップ、ソウル、ジャズ、フュージョンといった多様な要素を緻密に織り込んで、じっくり熟成したような味わいのハイ・センスなロック・ミュージック。演奏はテクニカルで洗練されており、Richard PageとSteve Georgeの透明感のある美しいハーモニーも魅力。

本作の収録曲は、共作も含めて全て彼らのオリジナル。このうち、爽やかなロック・ナンバーの「I Do Believe In You」がシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの84位をマークした。この曲は、Americaの80年のアルバム『』でカヴァーされている。

「Who's Right, Who's Wrong」はKenny LogginsとRichard Pageの共作。Kenny Logginsも79年のアルバム『』でこの曲をカヴァーし、そこではMichael JacksonとRichard Pageがバック・ヴォーカルを担当している。

「The Sailor's Song」はPagesらしい知的でメロウな味わいの曲。途中から次第に複雑な構成を見せていき、間奏のCharles "Icarus" Johnsonのギター・ソロもかなりの速弾きだ。「Chemistry」ではさらに高度なアンサンブルになり、ほとんどジャズ・ロック。

大半の曲でRichard Pageがリード・ヴォーカルになっているが、「Two People」ではSteve Gerogeが担当。声が似ているので、クレジットを見ないと分からない。二人はヴォーカル・ユニットとしても活躍していて、様々なアーティストの曲で、息の合った美しいバック・ヴォーカルを聴くことができる。

Pagesには作詞を専門に担当するJohn Langという隠れメンバーがいて、曲作りを支えている。JohnはRichard Pageのいとこ。Pagesの解散後、RichardとSteveは新たにMr.Misterを結成し、85年に「Broken Wings」と「Kyrie」という2曲の全米No.1ヒットを生むが、その作詞もJohn Langが担当している。

●収録曲
1. I Do Believe In You - 4:02
2. The Sailor's Song - 4:20
3. Take My Heart Away - 3:46
4. Future Street - 4:10
5. Who's Right, Who's Wrong - 4:19
6. Chemistry - 5:16
7. Two People - 4:25
8. Keep On - Movin' 4:02


◆プロデュース: Bobby Colomby(per)

◆参加ミュージシャン: Richard Page(vo, k, sy), Steve George(k, sy, vo), Charles "Icarus" Johnson(g), Jerry Manfredi(b), George Lawrence(ds), John Lang(lyrics)
with Kenny Loggins(vo), Joey Trujillo(g), Jai Winding(k), Michael Brecker(sax), Chuck Findley/Jerry Hey/Larry Williams(horns), Don Alias(per), Russell Battelene(ds), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント2件

コメントはまだありません

うさこ

こんばんは

ペイジズ好きです!
このアルバムではTwo Peopleがお気にいりです~
一般的?にはサードが有名みたいですが、
私はファースト、セカンドのほうが好きなんですよ。
それにしても、もっとアルバム出してほしかったですね。

2019年04月21日 (日) 21:08
Warm Breeze

Warm Breeze

Re: こんばんは

うさこさん、こんばんは

私も、このアルバムでは「Two People」を気に入ってます。サード・アルバムはJay Graydonのプロデュースなので、確かにクオリティがアップしている感じがします。ペイジズのファン、多いですよね。同じ雰囲気のバンドを探しても、なかなかないですね。

2019年04月22日 (月) 01:06