音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Pagesの1979年のアルバム『Future Street』。
Pages / Future Street (1979年)
PagesはRichard PageとSteve Georgeの二人を中心とするグループ。彼らは80年代中盤に「Broken Wings」と「Kyrie」という2曲の全米No.1ヒットを生んだMr.Misterの前身である。Pagesは知らなくても、Mr.Misterを知っている80's洋楽ファンは多いだろう。

本作はPagesのセカンド・アルバム。
彼らは5人組でデビューしており、78年のデビュー作『Pages / ファースト・ペイジス』では、Peter Leinheiser(g), Jerry Manfredi(b), Russ Battelene(ds)が残りのメンバーであった。このセカンド・アルバムでは、ギタリストがCharles "Icarus" Johnsonに、ドラマーがGeorge Lawrenceに交代している。

本作の収録曲は、共作も含めて全てが彼らのオリジナル。
このうち、1曲目の「I Do Believe In You」はシングル・カットされ、Billboard Hot 100チャートの84位にチャート・インした。Americaが1980年のアルバム『』で、この曲をカヴァーしている。

また、「Who's Right, Who's Wrong」はKenny LogginsとRichard Pageの共作。Kenny Logginsは79年のアルバム『』でこの曲をセルフ・カヴァーしており、そこではMichael JacksonとRichard Pageがバック・ヴォーカルを務めた。

RichardとSteveは、それぞれが優れたシンガーであり、本作は彼らの美しいヴォーカル・ハーモニーを存分に味わえる。二人はPagesの活動以外にもヴォーカル・ユニットとして活動しており、様々なアーティストの曲で、二人の美しいバック・ヴォーカルを聴くことができる。

Pagesの演奏はかなりテクニカル。また、楽曲に上品(クール)でソフト(メロウ)な独特の質感があるので、メロウ・フュージョンあるいはソフトなジャズ・ロックとも言える聴き応えのあるサウンドだ。

美しいヴォーカル・ハーモニーと上品でメロウなサウンド、そして技巧的な演奏と、引き出しの多いグループだ。彼らには作詞(lyrics)を専門に担当するJohn Langという6人目のメンバーも存在しており、プロ意識の高さを感じる。Johnは、Richard Pageのいとこである。

●収録曲
1. I Do Believe In You - 4:02
2. The Sailor's Song - 4:20
3. Take My Heart Away - 3:46
4. Future Street - 4:10
5. Who's Right, Who's Wrong - 4:19
6. Chemistry - 5:16
7. Two People - 4:25
8. Keep On - Movin' 4:02


◆プロデュース: Bobby Colomby(per)

◆参加ミュージシャン: Richard Page(vo, k, sy), Steve George(k, sy, vo), Charles "Icarus" Johnson(g), Jerry Manfredi(b), George Lawrence(ds), John Lang(lyrics)
with Kenny Loggins(vo), Joey Trujillo(g), Jai Winding(k), Michael Brecker(sax), Chuck Findley/Jerry Hey/Larry Williams(horns), Don Alias(per), Russell Battelene(ds), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/28 17:08 AOR名盤(1979年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/558-9f4f11d1
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター