音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Santanaの1981年のアルバム『Zebop!』。
Santana / Zebop! (1981年)
Santanaは、ギタリストのCarlos Santana率いるロック・バンド。1966年にサン・フランシスコで結成され、現在に至るまで半世紀以上も活動を続けている。Carlos Santana以外のメンバーは入れ替わるため、在籍メンバーは延べ70名を超えており、大勢のSantana卒業生を輩出している。

本作は80年代に入って最初に出されたアルバム。
Santanaはラテン・ロックをベースにしつつも年代によってアルバムの質感を変えており、本作の楽曲はややポップス寄り。一方、Carlosのギターは割とハードで重たい音を出しており、サウンドはロック色が強い。

収録された12曲のうち8曲はヴォーカル曲で、その半分(1, 5, 6, 8)は他者の曲を取り上げている。
「Cahnges」はCat Stevens作で、71年のアルバム『』からのカヴァー。「Over And Over」はRick Meyersの書き下ろし。「Winning」はRuss Ballard作で、76年のアルバム『』の収録曲。「The Sensitive Kind」はJ.J.Cale作で、79年のアルバム『』からのカヴァーである。

このうち、Russ Ballard作の「Winning」はBillboard Hot 100チャートの17位をマークし、久し振りにTop 20にチャート・イン。また、「The Sensitive Kind」も56位に到達し、アルバム自体もBillboard 200チャートの9位を記録した。

Carlosのギターを存分に味わえるインストゥルメンタル曲は、「Primera Invasion」「Tales Of Kilimanjaro / キリマンジャロの伝説」「American Gypsy」「I Love You Much Too Much / 哀愁の旅路」の4曲。

「キリマンジャロの伝説」は名盤『Caravanserai』を彷彿とさせるミステリアスなナンバーだ。また「哀愁の旅路」は、邦題から想像できるように「哀愁のヨーロッパ」風。Carlosの官能的なギターを聴くことができる。

なお、個人的には哀愁漂うブルース・ナンバー「Brightest Star」におけるCarlosのギターが一番良い。

このアルバムは、2016年8月のソニー「AOR CITY 1000」シリーズの1枚に選ばれている。AORというカテゴリーの日本における対象範囲が広いということだが、Carlosが知ったら驚くかも知れない。

●収録曲
1. Changes - 4:28
2. E Papa Ré - 4:33
3. Primera Invasion - 2:08
4. Searchin' - 3:55
5. Over And Over - 4:49
6. Winning - 4:11
7. Tales Of Kilimanjaro / キリマンジャロの伝説 - 3:25
8. The Sensitive Kind - 3:33
9. American Gypsy - 3:37
10. I Love You Much Too Much / 哀愁の旅路 - 4:43
11. Brightest Star - 4:50
12. Hannibal - 3:43


◆プロデュース: Bill Graham, Carlos Santana(g), Keith Olsen

◆参加ミュージシャン: Alex Ligertwood(vo), Alan Pasqua/Richard Baker(k), David Margen(b), Graham Lear(ds), Orestes Vilato/Armando Peraza/Raul Rekow(per), Chris Solberg(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/29 18:21 Rock / Pops名盤(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/559-8962f66c
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター