音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Les Dudekの1977年のアルバム『Say No More』。
Les Dudek / Say No More (1977年)
Les Dudekはアメリカのブルース・ロック・ギタリスト。10代から地元のバンドでギターを弾き始め、21歳になる年にAllman Brothers Bandの1973年のアルバム『』に参加。その後、Boz Scaggsの76年の名盤『Silk Degrees』に参加し、その年にBoz Scaggsのプロデュースのもと、アルバム『Les Dudek』でデビューしている。

本作はLes Dudekのセカンド・アルバム。
収録された9曲は共作も含めて全て彼のオリジナルで、このうち「One To Beam Up」と「Zorro Rides Again / 帰ってきた怪傑ゾロ」の2曲がギター・インストゥルメンタルとなっている。

前作に続いてGerald Johnson/Chuck Rainey(b)や、TOTOのJeff Porcaro(ds), David Paich(k)が参加。
「帰ってきた怪傑ゾロ」だけは特別なセッションになっており、Les Dudekの共演者の顔ぶれは、Bruce Springsteenのバック・バンドであるE Street Bandでキーボード奏者を務めたDavid Sancious、ジャズ・ドラマーのTony Williams、The CrusadersのベーシストであるBob Popwellと、かなりスペシャル。Les Dudekのギターもノリノリで、全員の演奏に迫力がある。

残り全曲でJeff Porcaroがドラムスを叩いているので、Jeffのファンにとって本作はマスト・アイテムだろうが、この見事な演奏の前では印象が薄れてしまうかも知れない。

Les Dudekは独特のしゃがれ声である。ギタリストなので歌唱で魅了するわけではないが、「I Remember」での静かな弾き語りなどは歌心があり、しみじみと伝わるものがある。

逆さまになった女性がグラスにシャンパンを注ぐフロント・カヴァーは、写真家のBob Seidemannが担当した。Bob Seidemannは、Blind Faithの69年のアルバム『』の少女の写真で有名だが、Jackson Browneの『Late For The Sky』(74年)やAirplayの『Airplay』(80年)も彼の仕事である。

なお、この女性は『刑事コジャック』で主演を務めたTelly Savalas(テリー・サバラス)の姪とのこと。ファンキーな「Jailabamboozle」は、シャンパンを開ける景気の良い音から始まっている。

●収録曲
1. Jailabamboozle - 4:52
2. Lady You're Nasty - 5:33
3. One To Beam Up - 3:25
4. Avatar - 7:00
5. Old Judge Jones - 4:39
6. Baby Sweet Baby - 2:10
7. What's It Gonna Be - 5:07
8. Zorro Rides Again / 帰ってきた怪傑ゾロ - 5:47
9. I Remember - 3:05


◆プロデュース: Bruce Botnick

◆参加ミュージシャン: Les Dudek(g, vo), Jeff Porcaro/Tony Williams(ds), Gerald Johnson/Chuck Rainey/Bob Popwell(b), Kevin Calhoon/Reymondo/Pat Murphy(per), Alan Feingold/David Paich/Ted Straton/Joachiem Young/David Sancious(k), Sherlie Matthews/Rebecca Lewis/Clydie King(bv)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/03/31 17:45 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(2)
コメント
今日から4月なのに無茶苦茶寒いですね~!東京は開花宣言が出て10日以上経つのにまだ全体は4~5分咲き、来週から本格的な春を迎える感じですね。新年度もあらためてよろしくお願いいたします。
2017/04/01 08:01 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

本当に寒い新年度のスタートですね。今日はエイプリル・フールなので、お天気様も軽いジョークを飛ばしたのではないでしょうか。明日から春らしくなると良いですね。

こちらこそ、これからも宜しくお願いいたします。
2017/04/01 18:24 Warm Breeze URL













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/561-fbb64cea
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター