音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Stephen Bishopの1980年のアルバム『Red Cab To Manhattan / 哀愁マンハッタン』。
Stephen Bishop / Red Cab To Manhattan (哀愁マンハッタン) (1980年)
Stephen BishopはAORシーンで人気の高いシンガー・ソングライター。哀愁漂うロマンティックな曲を作ることで定評があり、ヒット曲「On and On」(米11位)と「Save It for a Rainy Day / 雨の日の恋」(同22位)を収録した1976年のデビュー作『Careless』や、自らの愛称をタイトルにした78年のセカンド・アルバム『Bish / 水色の手帖』は、AORの名盤として知られている。

Stephenは映画音楽も手掛けており、1985年の映画『White Nights』の挿入曲である「Separate Lives」は彼の作。この曲は、Phil CollinsとMarilyn Martinの歌により全米1位を獲得した。また、彼の作ではないが、82年の映画『Tootsie / トッツィー』のテーマ曲「It Might Be You」(米25位)をStephenが歌っている。顔立ちが男前のStephenは、自らも役者として70年代、80年代の映画に何本か出演した。

本作『Red Cab To Manhattan / 哀愁マンハッタン』は、Stephen Bishopのサード・アルバム。プロデュースをMike MainieriとTommy LiPumaが手掛けたことで、前2作よりもメロディやサウンドがカラフルになった印象がある。

参加メンバーの顔ぶれは相変わらず豪華。その中にはEric ClaptonやPhil Collins、Chris Stainton、Procol HarumのGary Brookerといった英国ミュージシャンの名前も見られる。

収録曲は、共作も含めて全てStephenのオリジナルだ。
ロックンロール調の「Let Her Go」や「おてんば娘」、Buzz Feitenのギターがカッコいい「City Girl」など、アップ・テンポなナンバーやドラマティックに展開する曲もあるが、Stephenの本領が発揮されるのは、「愛の贈りもの」やタイトル曲「哀愁マンハッタン」のようなしっとりした曲。胸がキュンとするような甘く切ないメロディと洒落たサウンドは、とてもロマンティックな香りがする。

「愛の贈りもの」はシングル・カットされ、BillboardのAdult Contemporaryチャートでは31位をマークした。「哀愁マンハッタン」は、女性ジャズ・シンガーのDiane Schuurが2000年のアルバム『』でカヴァーし、そこではStephen Bishopも共演している。

口元を隠すミステリアスなジャケットは、女性写真家のLynn Goldsmithが撮影した。彼女は70年代から80年代にかけて数多くのアルバムのフロント・カヴァーを撮っており、それらは彼女のサイト「Lynn Goldsmith Photography」で見ることができる。その中でも、全体が黄色一色の本作のカヴァーは、割とインパクトが強い方だ。

●収録曲
1. The Big House - 3:44
2. Don't You Worry / くよくよしないで - 3:56
3. Thief In The Night / 恋泥棒 - 2:25
4. Send A Little Love My Way (Like Always) / 愛の贈りもの - 3:45
5. Let Her Go - 3:40
6. Little Moon - 3:10
7. The Story Of A Boy In Love / ボーイ・イン・ラヴ - 4:58
8. Living In The Land Of Abe Lincoln / リンカーンの祖国 - 3:00
9. Red Cab To Manhatten / 哀愁マンハッタン - 4:36
10. Sex Kittens Go To College / おてんば娘 - 1:30
11. City Girl - 4:56
12. My Clarinet / 僕のクラリネット - 3:00


◆プロデュース: Mike Mainieri(vib, sy), Tommy LiPuma

◆参加ミュージシャン: Stephen Bishop(vo, g, k, tb), Willie Weeks/John Giblin/Neil Jason(b), Andy Newmark/Phil Collins/Steve Gadd(ds), Gary Brooker/Don Gronlick/Chris Stainton(k), David Spinozza/Sid McGinnis/Jeff Mironov/Eric Clapton(g), Lenny Castro(per), David Lasley/Arnold McCuller/Phoebe Snow(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/09 16:11 AOR名盤(1980年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/567-92b4d311
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター