音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Lamont Dozierの1981年のアルバム『Working On You』。
Lamont Dozier / Working On You (1981年)
Lamont Dozierは、60年代の米モータウン・レコード専属のソングライター・チームである「Holland–Dozier–Holland」の一員。Holland–Dozier–Hollandは、Eddie(兄)とBrian(弟)のHolland兄弟にLamont Dozierを加えたトリオであり、DozierとBrianが作曲を、Eddieが作詞を担当していた。The Supremesの「Stop! In the Name of Love」や「You Can't Hurry Love / 恋はあせらず」、Four Topsの「Reach Out I'll Be There」など、彼らが書いた全米No.1ヒットは10曲を超えており、いわゆる「モータウン・サウンド」の発展に大きく貢献した。

Dozierは70年代以降にソロ・アルバムも出しており、本作は80年代最初のアルバム。
プロデュースを自ら担当し、収録曲も全てが自作のものだ。また、決して器用な部類には入らないと思うが、全曲のリード・ヴォーカルを取っており、これがなかなか味のある歌声である。

モータウンのヒット・メイカーだっただけに、どの曲もメロディが良い。「Why」の繊細なメロディと切ない歌声は鳥肌モノだし、ドリーミーな「Too Little Too Long」やエレガントな「Wired Up」、メロウな「Starting Over」やグルーヴィーな「You Made Me A Believer」も素晴らしい。

80年代には英国アーティストとの仕事も多い。87年にはSimply Redのアルバム『Men and Women』で、Mick Hucknallと「Infidelity」と「Suffer」を共作。89年のアルバム『A New Flame』でも「You've Got It」と「Turn It Up」を共作した。また、88年にはPhil Collinsと「Two Hearts」を共作し、再び全米1位を獲得している。

Phil Collinsはモータウンのヒット曲を好んで歌う。82年にも「恋はあせらず」のカヴァーが全米10位のヒットを記録したほか、2009年には、60年代のモータウンやソウル・スタンダードのカヴァー曲集『』まで作ってしまう熱の入れようだ。

●収録曲
1. Cool Me Out - 5:09
2. Why (Ain't My Love Enough) - 4:38
3. Nobody Told Me - 3:48
4. Too Little Too Long - 4:36
5. Playing For Keeps - 3:42
6. Interlude - 0:55
7. (You Got Me) Wired Up - 4:04
8. Starting Over (We've Made The Necessary Changes) - 4:36
9. Working On You - 3:39
10. Chained (To Your Love) - 4:39
11. You Made Me A Believer - 3:58


◆プロデュース: Lamont Dozier(vo, k)

◆参加ミュージシャン: Paul Jackson Jr./Frank Dookun(g), John Barnes(sy), Nathan East(b), Paulinho Da Costa(per), Quintin Denard(ds), Tony Patler(b, k), Benjamin Wright/Hense Powell(string ar), The Waters(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/10 16:59 Soul / R&B(80年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/568-0f67840d
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1980年) - Larsen-Feiten Band / Larsen-Feiten Band 2017/10/22
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター