音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Nielsen-Pearsonの1983年のアルバム『Blind Luck』。
Nielsen-Pearson / Blind Luck
Nielsen-Pearsonは、Reed Nielsen(vo)とMark Pearson(vo)という二人のシンガー・ソングライターのユニット。1978年にアルバム・デビューした際は「The Nielsen Pearson Band」というバンドの形態であったが、直ぐにNielsenとPearsonのユニットとなり、続くアルバムを80年と83年に一枚ずつリリースしている。

本作『Blind Luck』は彼らの3枚目のアルバム。
プロデュースをBoz Scaggsの『Middle Man』などを手掛けたことで知られるBill Schneeが担当した。

曲は「Too Good To Last」を除いて、彼らのオリジナル。この曲はDavid Robertsの作で、Davidの82年のアルバム『All Dressed Up』からのカヴァーである。

参加ミュージシャンは、MaxusのMichael Landau(g)とRobbie Buchanan(k)に加えて、大半の曲のリズム・セクションをNeil Stubenhaus(b)とCarlos Vega(ds)が担当するという盤石の布陣。曲によって、Charles Johnson(g)やTOTOのSteve Lukather(g)が豪快にギターを弾いており、メリハリと重厚感のある爽快なサウンドになっている。

なお、Steve Lukatherがギターを弾いているのは「Hasty Heart」と「Fadeaway」の2曲のみ。たった2曲だが、上質なスパイスのように曲の良さを引き立て、鮮やかな印象を残している。

NielsenとPearsonは共にリード・ヴォーカルを担当することができる。二人のハーモニーはクールで美しく、しばしばPagesと比較される。アルバムを3枚しか残していないことや、最初はバンドの形態であったこと、活動時期がほぼ同じであることもPagesと共通する特徴だ。クールでメロウな質感の「I Hear You Breathing」や「Got Me Where You Want Me」などは、Pagesの曲であっても何ら不思議ではない。

Pagesとの唯一の違いは、Nielsen-Pearsonのアルバムの希少価値が高いこと。これだけ素晴らしい内容なのに、CD化されたのは1998年の1回のみ。日本のヴィヴィッド・サウンドから2作目と3作目の2 in 1で世界初CD化されているが、残念ながらその後の再発がない。ファースト・アルバムに至っては未だにCD化されておらず、私も聴いたことがない。

●収録曲
1. Hasty Heart - 4:04
2. Sentimental - 3:11
3. Too Good To Last - 3:21
4. Break Nobody's Heart - 3:40
5. I Hear You Breathing - 3:15
6. Lauralei - 4:00
7. Expectations - 2:55
8. Fadeaway - 3:19
9. Got Me Where You Want Me - 3:50
10. Carrie - 3:51


◆プロデュース: Bill Schnee

◆参加ミュージシャン: Reed Nielsen/Mark Pearson(vo)
with Steve Lukather/Michael Landau/Chales Johnson(g), Robbie Buchanan/Jai Winding/Richard Landis/Ian Underwood(k), Neil Stubenhaus(b), Carlos Vega/Vinnie Colaiuta(ds), Lenny Castro/Victor Feldman/Steve Forman(per), Joe Chemay(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/11 18:13 AOR名盤(1983年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/569-748b7f51
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp