音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Joe Chemay Bandの1982年のアルバム『The Riper The Finer / L.A.プレゼンツ』。
Joe Chemay Band / The Riper The Finer (L.A.プレゼンツ) (1982年)
Joe Chemay Bandは、セッション・ミュージシャンとして活躍するJoe Chemayが1981年に結成したバンド。本作は彼らの唯一のアルバムである。

Joe Chemayは70年代以降の数多くのアルバムに参加して、ベースやバック・ヴォーカルを担当している。70年代では、Elton Johnの『Blue Moves』(76年)、Leon Russellの『Americana』(78年)、Pink Floydの『The Wall』(79年)、The Beach Boysの『L.A. (Light Album)』(79年)などのビッグ・ネームと一緒に仕事をした。

Joe以外のメンバーであるBilly Walker(g), John Hobbs/Mike Meros(k), Paul Leim(ds)も、それぞれが70年代から活躍するセッション・ミュージシャン。したがって、彼らはTOTOやMaxusと同じように、セッション・ミュージシャンたちが作ったバンドである。

アルバム・タイトルの「The Riper The Finer」は"熟すほど良い"の意。自分たちは十分にキャリアを積んで熟しており、今がまさに聴き時だというメッセージだろう。

収録曲は「Proud」と「Love Is A Crazy Feeling」を除いて彼らのオリジナル。
この2曲は共にシングル・カットされ、「Proud」はBillboard Hot 100チャートの68位まで到達した。また「Love Is A Crazy Feeling」は、Elton Johnのバンドでギターを弾くDavey Johnstone等の作。そのElton Johnとの「Don't Go Breaking My Heart」のデュエットで知られるKiki Deeが、78年のアルバム『Stay With Me』でこの曲を歌っている。

また、オリジナル曲のうち「One Needs Another」は、Toby Beauの80年のアルバム『If You Believe / 愛のスケッチ』の収録曲をセルフ・カヴァーしたものだ。

このアルバムのフロント・カヴァーは、日本盤ではどういう訳か差し替えられた。原盤では、シックな緑を背景に、鮮やかな黄色の柑橘物にナイフを入れている。新鮮な果汁が今にも滴りそうなフレッシュなジャケットだ。

本作のサウンドも柑橘系のようにフレッシュ。ただし甘さや若さはなく、渋くてビターな柑橘系である。
洗練されたピアノのイントロが印象的な「Bad Enough」や、シングル・カットされた2曲のビターなメロディを聴くと、原盤のジャケットの方が本作のサウンドに相応しい感じがする。

●収録曲
1. Bad Enough - 3:58
2. Proud - 3:47
3. Once In A Life - 4:30
4. A Fine Line - 3:45
5. You Saw Me Coming - 3:25
6. Love Is A Crazy Feeling - 3:43
7. Holy Thunder - 4:23
8. One Needs Another - 3:12
9. Never Gonna Let You Go - 3:40


◆プロデュース: Joe Chemay(vo, b, ag), John Guess

◆参加ミュージシャン: Billy Walker(g), John Hobbs/Mike Meros(k), Paul Leim(ds)
with Louis Conte(per), Maxine Waters/Julia Waters(bv)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/13 15:37 AOR名盤(1982年) TB(0) CM(2)
コメント
こちらのアーティストも初めて知りました。まだまだ勉強不足・・(苦笑)
(PS)ピンクフロイドの初期時代、サイケデリック名曲集を公開いたしました~!ちょっと貴殿に葉古すぎるかな・・(苦笑)
2017/04/15 16:39 ローリングウエスト URL
Re: タイトルなし
RWさん、こんにちは。

ピンク・フロイド! いいですねぇ。私も心酔したバンドです。
『The Wall』『狂気』『あなたがここにいてほしい』『おせっかい』『原子心母』『ファイナル・カット』『アニマルズ』など、中期以降のアルバムから入っていきましたが、結局は全てのアルバムを聴くことになりました。

1988年の来日公演にも行きましたし、『The Wall』の映画も観ました。あと、『ピンク・フロイド・バレエ』というのも観に行きました。懐かしいなぁ~
2017/04/15 19:44 Warm Breeze URL















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/571-45ba967f
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1977年) - Steely Dan / Aja (彩(エイジャ)) 2017/11/19
AOR名盤(1977年) - Jaye P. Morgan / Jaye P. Morgan 2017/11/17
AOR名盤(1976年) - George Benson / Breezin' 2017/11/15
AOR名盤(1977年) - Kenny Rankin / The Kenny Rankin Album 2017/11/13
AOR名盤(1974年) - Randy Edelman / Prime Cuts 2017/11/11
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Pink Floydの名盤Pink Floydの名盤
Pink Floyd(ピンク・フロイド)の名盤を紹介します。
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)作品集Led Zeppelin作品集
Led Zeppelin(レッド・ツェッペリン)の名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp