音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Souther, Hillman, Furay Bandの1974年のアルバム『The Souther, Hillman, Furay Band』。
The Souther, Hillman, Furay Band / S.T. (1974年)
The Souther, Hillman, Furay Bandは、J.D. Souther(vo, g), Chris Hillman(vo, b, mandolin, g), Richie Furay(vo, g)の3人を中心に結成されたウェストコースト・ロック・バンド。アメリカの60年代、70年代のロック・シーンで実績を積んだ3人が集まっており、CS&N(Crosby, Stills & Nash)のようなスーパー・グループの一つ。

J.D. Southerは、Linda RonstadtやThe Eaglesとの仕事で知られるシンガー・ソングライターで、後のソロ・アルバム『You're Only Lonely』(79年)からはタイトル曲が全米7位のヒットを記録している。Chris HillmanはThe Byrdsの創設メンバーで、その後もThe Flying Burrito BrothersやManassasでキャリアを積んだベテラン。Richie Furayも、Buffalo SpringfieldとPocoという重要グループを渡り歩いている。

サポート・メンバーとして、Jim Gordon(ds, per), Al Perkins(steel g, dobro), Paul Harris(k)が参加。Jim Gordonはセッション・ドラマーで、Derek and the Dominosのメンバーだったことで有名。ギター関係を担当するAl Perkinsとキーボード担当のPaul Harrisは、Chris Hillmanと一緒にManassasのメンバーだった。

3人が自作の曲を持ち寄っており、共作は一曲もない。Southerが4曲(3, 5, 7, 10)、Hillmanが3曲(2, 6, 8)、Furayが3曲(1, 4, 9)と、曲数も公平。リード・ヴォーカルもそれぞれが担当し、均等なバランスになっている。バンドというより民主的な集まりという感じだけれど、コーラスや演奏に気持ちのいい一体感がある。

開放的なウェストコースト・ロックの「素晴らしき恋」はシングル・カットされ、全米チャートの27位をマーク。他にも、Furay作のメランコリックなバラードの「Believe Me」や、Souther作のノリのいいロック・ナンバーの「Border Town」、同じくSouther作のしっとりした郷愁のある「暗黒の夜」など、気持ちのいい曲が多い。アルバムはBillboard Pop Albumsチャートの11位を記録した。

75年にはセカンド・アルバムの『』をTom Dowdのプロデュースでリリースするが、この2枚でバンドは解散。Jeff BeckのBB&A(Beck, Bogert & Appice)もそうだけれど、メンバーの頭文字をとったスーパー・グループは短命なことが多い。

●収録曲
1. Fallin' In Love / 素晴らしき恋 - 3:30
2. Heavenly Fire - 3:43
3. The Heartbreaker - 2:56
4. Believe Me - 5:03
5. Border Town - 3:52
6. Safe At Home - 2:53
7. Pretty Goodbyes - 3:40
8. Rise And Fall - 3:07
9. The Flight Of The Dove - 4:06
10. Deep, Dark And Dreamless / 暗黒の夜 - 5:37


◆プロデュース: Richard Podolor

◆参加ミュージシャン: J.D. Souther(vo, g), Chris Hillman(vo, b, mandolin, g), Richie Furay(vo, g)
with Jim Gordon(ds), Al Perkins(steel g, dobro), Paul Harris(k), Joe Lala(per)

▶こちらもお薦め

関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/05/14 16:55 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/572-e85b2f03
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1981年) - Byrne And Barnes / An Eye For An Eye 2019/06/19
AOR名盤(1982年) - David Lasley / Missin' Twenty Grand 2019/06/16
AOR名盤(1978年) - Stephen Bishop / Bish (水色の手帖) 2019/06/12
AOR名盤(1982年) - Bill LaBounty / Bill LaBounty (サンシャイン・メモリー) 2019/06/09
Soul/R&B名盤(1980年) - Aretha Franklin / Aretha 2019/06/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ