音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

The Souther, Hillman, Furay Bandの1974年のアルバム『The Souther, Hillman, Furay Band』。
The Souther, Hillman, Furay Band / S.T. (1974年)
The Souther, Hillman, Furay Bandは、60年代終わりから70年代始めにかけてのウェストコースト・ロック・シーンで独自のキャリアを積んだJ.D. Souther, Chris Hillman, Richie Furayの3人が結成したバンド。

J.D. Souther(vo, g)は、Linda RonstadtやThe Eaglesとの仕事で知られるシンガー・ソングライター。ソロとしても1972年に『John David Souther』でアルバム・デビューしており、後のアルバム『You're Only Lonely』からは、タイトル曲がBillboard Hot 100チャートの7位を記録する。

Chris Hillman(vo, b, mandolin, g)はThe Byrdsの創設メンバー。その後もThe Flying Burrito BrothersやManassasでキャリアを積んだ、フォーク・ロック/カントリー・ロックの開拓者である。

Richie Furay(vo, g)も、Buffalo SpringfieldとPocoという重要グループを渡り歩いた。3人とも素晴らしい実績の持ち主であり、CS&N(Crosby, Stills & Nash)や、そこにNeil Youngを加えたCSN&Yのようなスーパー・グループの影響を受けたバンドと言える。

主要な3人以外に、サポート・メンバーとしてJim Gordon, Al Perkins, Paul Harrisが参加しており、アルバムのバック・カヴァーでは、その3人も「Gordon★Perkins★Harris」というタイトルで写っている。
The Souther, Hillman, Furay Band / S.T. (バック・カヴァー)

Jim Gordonは、Eric Clapton率いるDerek and the Dominosでの仕事で知られるセッション・ドラマー。スティール・ギターやドブロを担当するAl Perkinsとキーボード奏者のPaul Harrisは、Chris Hillmanと一緒にManassasのメンバーだった。

収録曲はSouther, Hillman, Furayの3人が別々に作って持ち寄っており、共作は一曲もない。Southerが4曲(3, 5, 7, 10)、Hillmanが3曲(2, 6, 8)、Furayが3曲(1, 4, 9)と、曲数も公平。リード・ヴォーカルもそれぞれが担当しており、パワー・バランスが均等だ。バンドというより民主的な集合体といった感じがするが、サウンドのまとまりはとても良い。

この中からは1曲目の「Fallin' in Love / 素晴らしき恋」がシングル・カットされ、チャートの27位をマークした。他にも、Furay作のメランコリックな「Belive Me」や、Souther作の爽快なナンバー「Border Town」、同じくSoutherのしっとりとした「Deep, Dark And Dreamless / 暗黒の夜」など、良曲が多い。アルバムはBillboard Pop Albumsチャートの11位を記録した。

彼らは75年にもTom Dowdのプロデュースにより、セカンド・アルバム『Trouble In Paradise』をリリースするが、この2枚で解散してしまう。CS&NもCSN&Yもスタジオ・アルバム1枚で解散しており、メンバーの頭文字を取ったスーパー・グループは短命であることが多い。Jeff Beckの作ったBB&A(Beck, Bogert & Appice)もそうだった。

●収録曲
1. Fallin' In Love / 素晴らしき恋 - 3:30
2. Heavenly Fire - 3:43
3. The Heartbreaker - 2:56
4. Belive Me - 5:03
5. Border Town - 3:52
6. Safe At Home - 2:53
7. Pretty Goodbyes - 3:40
8. Rise And Fall - 3:07
9. The Flight Of The Dove - 4:06
10. Deep, Dark And Dreamless / 暗黒の夜 - 5:37


◆プロデュース: Richard Podolor

◆参加ミュージシャン: J.D. Souther(vo, g), Chris Hillman(vo, b, mandolin, g), Richie Furay(vo, g)
with Jim Gordon(ds), Al Perkins(steel g, dobro), Paul Harris(k), Joe Lala(per)

▶こちらもお薦め

関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/16 15:26 Rock / Pops名盤(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/572-e85b2f03
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター