音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Larry John McNallyの1986年のアルバム『Fade To Black』。
Larry John McNally / Fade To Black (1986年)
Larry John McNallyはアメリカのシンガー・ソングライター。R&Bをベースに、ジャジーでブルージーな渋い曲を作る人で、様々なアーティストが彼の曲を歌っている。1981年のファースト・アルバム『Larry John McNally / シガレット・アンド・スモーク』からは、8曲の収録曲のうち5曲がDevonsquare、Bruce Willis、Mavis Staples、Average White Band、Chaka Khan等にカヴァーされた。

本作『Fade To Black』は、Larry John McNallyのセカンド・アルバム。
"Fade To Black" というタイトルは、映画の場面などがフェード・アウトして真っ暗な画面になることを指すようだ。CDのライナー・ノーツには、「ある意味でロサンジェルスの娯楽産業から顔を背けたことの証」と本人が記している。ポピュラーな曲を作るということを意識せずに、書きたい歌を書いたということだろう。

本作のプロデュースは、Steely Danのプロデューサーとして有名なGary Katzが担当した。レコーディングはLAとNYで行われており、NYのレコーディングは、同じくSteely Danなどのエンジニアとして知られるElliot Scheinerが担当している。

本作の収録曲は全てLarryのオリジナル。そのうち2曲を大物がカヴァーした。
1つは「The Motown Song」。Rod Stewartが91年のアルバム『』でこの曲をカヴァーし、Billboard Hot 100チャートの10位となるヒットを記録した。もう1つは「Long Drag Off A Cigarette」。Joe Cockerが84年のアルバム『』で歌い、その録音にはLarryもギタリストとして参加している。

Larry John McNallyは、作る曲の渋さや粋な歌い方から "男Rickie Lee Johnes" などと呼ばれることがある。「キザな奴」と言ってしまえばそれまでだが、レトロなマイクを手に歌うジャケットも、86年らしからぬオールド・ファッションドなオーラを発している。

何曲かは小説からの影響を強く受けたとのこと。Jack Kerouac(ケルアック)の『』を読んで「The Beat Generation」を書き、Jim Carrollの『』を読んで「Tar On The Roof」が書かれた。「In My Indiscretion」はレイモンド・カーヴァーの影響らしい。「James Dean」は、John Steinbeck(スタインベック)の『East Of Eden / エデンの東』の影響だろうか。

●収録曲
1. My Obsession
2. James Dean
3. The Motown Song
4. Switchblade
5. Long Drag Off A Cigarette
6. Chinatown
7. The Beat Generation
8. In My Indiscretion
9. Tar On The Roof


◆プロデュース: Gary Katz, Larry John McNally(g, vo)

◆参加ミュージシャン: Buzzy Feiten/Dann Huff(g), Jimmy Haslip/Reggie McBride(b), André Fischer/Richard Feldman(ds), Richard Kelly(ds, k, sy), Michael Ruff(k, sy), Mitchell Froom(sy), Michael Fisher(per), Jude Johnstone/Leslie Smith(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/19 15:09 AOR名盤(1984~1990年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/574-50e00556
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター