音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Donny Gerrardの1976年のアルバム『Donny Gerrard』。
Donny Gerrard / Donny Gerrard (1976年)
Donny Gerradはカナダ生まれのソウル・シンガー。「Skylark」というバンドのリード・シンガーを務めた後にソロとなり、セッション・シンガーとして様々なアルバムに参加した。ソロ・アルバムを76年と2000年にリリースしており、76年のソロ1作目が本作である。

「Skylark」というカナダのバンドは、若い頃のDavid Fosterが在籍したことで知られる。72年のファースト・アルバム『』からは、「Wildflower」というヒット曲(Billboard Hot 100チャートの9位を記録)も生まれた。ジョー山中が歌う「人間の証明」のような趣きのある、哀愁のバラードだ。

さて、本作『Donny Gerrard』のプロデュースは、Henry MarxとRobbie Buchananが担当した。Henry Marxは本作の発売元レーベル(Greedy Records)のエグゼクティヴであり、アルバム・デビュー前のBobby Caldwellのマネジメントも手掛けた人物。一方のRobbie Buchananは、後にMaxusを結成するキーボード奏者で、本作ではアレンジも担当した。Robbieにとって、初めてアレンジを手掛けた作品が本作らしい。

収録曲は、カヴァー曲と書き下ろしが半々ぐらいの割合で構成されている。
カヴァー曲では、The Beatlesの「The Long And Winding Road」やCurtis Mayfieldの「You Must Believe Me」、Van McCoyの「Stay Awhile With Me」などを歌っている。「Words」は、Margie Josephが75年のアルバム『』で歌った曲だが、原曲はイタリアの73年の流行歌らしい。

書き下ろしには、Henry Marxの「Stand Up」や「Greedy For Your Love」、Bobby Caldwellの書いた「Peace For Us All」などがある。「Peace For Us All」はディスコ調の軽快なナンバーで、Bobbyの名曲「風のシルエット」のようなロマンティックな曲を期待すると、当てが外れる。

あまり目立たないが、ほぼ全曲でギターを弾いているのはJay Graydon。リズム・セクションも、Wilton Felder(b), Mike Baird/Ed Greene(ds)という実力派が担当している。

本作のベスト・トラックは、1曲目の「He's Always Somewhere Around」だろう。軽快なグルーヴと美しいストリングス、そしてDonnyの優しい歌声が最高に心地よい1曲だ。

●収録曲
1. He's Always Somewhere Around - 3:14
2. Stay Awhile With Me - 4:28
3. Words (Are Impossible) - 3:09
4. Stand Up (And Show Your Love) - 3:13
5. The Long And Winding Road - 3:13
6. Greedy For Your Love - 3:18
7. Peace For Us All - 2:45
8. You Must Believe Me - 3:15
9. As Far As We Can Go - 3:55


◆プロデュース: Henry Marx, Robbie Buchanan(ar, k)

◆参加ミュージシャン: Jay Graydon(g), Wilton Felder(b), Mike Baird/Ed Greene(ds), Kathy Collier/Venetta Fields/Carmen Twille(bv), Steve Madaio(horn)


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/04/20 16:52 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/575-9102c1bf
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター