音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Valerie Carterの1978年作『Wild Child』。
Valerie Carter / Wild Child
本作は、アメリカのシンガー・ソングライターであるValerie Carterのセカンド・アルバム。

Valerie Carterは寡作なアーティストであり、スタジオ・アルバムを70年代に2枚、90年代に2枚しか残していない。それでも時代を超えて語り継がれるのは、70年代の2作品が素晴らしい内容だからであろう。

1977年のファースト・アルバム『Just a Stone's Throw Away / 愛はすぐそばに』は、Little FeatのLowell GeorgeやEW&FのMaurice White等がプロデュースを担当し、参加ミュージシャンもLittle FeatやEW&Fのメンバーが中心であった。

本作のプロデュースはJames Newton Howardが担当。参加メンバーは、TOTOのSteve Lukather(g), Steve Porcaro(k), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds)に加え、Jay Graydon(g)やRay Parker Jr.(g)など、実力のあるスタジオ・ミュージシャンで固められており、整った演奏とサウンドになっている。
収録曲に関しても、Valerie Carterが書いた5曲(1, 3, 4, 5, 6)以外は、David Lasley(7)、Tom Snow(8)、David Batteau(10)など、AOR系のソングライターの曲を取り上げ、AOR色の強いアルバムとなった。

もの憂げな歌声と、どこかミステリアスな佇まいがValerie Carterの持ち味。
曲、演奏、サウンドが洗練を極めていても、彼女の歌声はいつもアンニュイなヴェールに包まれており、その不思議なバランスが聴く人を魅了する。

「Lady In The Dark / 暗闇の中の女」などは、TOTOのファースト・アルバムに入っていても違和感のないロック・チューンだが、彼女が歌うと独特の翳りを持った曲になる。

特に、2曲目の「Da Doo Rendevous」と、ラストのタイトル曲「Wild Child」の引力は強力。
上手く言えないが、駆け落ちしたい衝動に駆られるような魔力を持った歌声だ。

ファースト・アルバムも、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから2016年7月にCDが再発されており、お薦めである。

●収録曲
1. Crazy - 4:29
2. Da Doo Rendevous / ランデヴー - 4:36
3. What's Become Of Us - 3:34
4. Taking The Long Way Home / 家路 - 3:31
5. Lady In The Dark / 暗闇の中の女 - 4:40
6. The Story Of Love / 恋物語 - 4:08
7. The Blue Side - 3:27
8. Change In Luck - 4:47
9. Trying To Get To You / あなたをつかまえたい - 4:08
10. Wild Child - 4:46


◆プロデュース: James Newton Howard(k, string ar)

◆参加ミュージシャン: Steve Lukather/Jay Graydon/Ray Parker Jr.(g), Victor Feldman(k, vib, per), Fred Tackett/Davey Johnston(ag), Steve Porcaro(k), David Hungate/Chuck Rainey/Verdine White(b), Jeff Porcaro(ds), Lenny Castro(per), Tom Saviano(sax), David Lasley/Vini Poncia(bv), Tom Tom 84(horn ar), etc.


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2016/10/21 19:27 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/58-c7df8baf
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター