音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Lemuriaの1978年のアルバム『Lemuria』。
Lemuria / Lemuria (1978年)
Lemuriaは1978年にハワイで結成されたグループ。中心メンバーのKirk Thompson(k)は、ハワイを代表するグループであるKalapanaに在籍していた。また、Curtis Mayfieldのバンド・メンバーなどを経験したベテラン・パーカッション奏者のHenry Gibsonもメンバーになっている。他に、"The Ladies Of Lemuria" という4人の女性ヴォーカルと、"The Lemuria Horns" という7人編成のホーン・セクションを擁しており、なかなかの大所帯だ。

この『Lemuria』は彼らが残した唯一のアルバム。そのサウンドは、ソウル、ファンク、ジャズなどの要素をミックスしたもので、ナチュラルでピースフル。ハワイに行ったことはないものの、ハワイ産を感じさせる心地よさがある。プロデュースを手がけたのも、Kirk ThompsonとHenry Gibsonの二人。曲作りに関しては、Kirkが8曲(1-4, 6-9)を、ギタリストのJohn Rapozaが1曲(5)を書いている。

Johnの書いた「Get That Happy Feeling」はインスト曲だが、残りはヴォーカル曲。曲によってリード・ヴォーカルが変わり、"The Ladies Of Lemuria" のうちのStacieが3曲(1, 4, 6)、Starが3曲(2, 3, 7), Azureが1曲(8)を分担。ラストの「The Lady And The Dude」では、StacieとベーシストのGary Sprewelがデュエットしている。

綺麗なピアノのイントロで始まる「Hunk Of Heaven」は、一転してファンキーでノリのいい、ラテン系の曲に変わる。切れのあるホーンや爽やかな女性ヴォーカルは、同じハワイ出身のSeawindみたい。

「All I've Got To Give」はメロウでグルーヴィな曲。生楽器の音が優しくて気持ちいい。「Dreams」「Mister U (Universe)」「Moonlight Affair」「The Making Of You」も、そのタイトルから想像できるように、穏やかでナチュラルな曲。アルバムの多くをメロウな曲が占めている。

インスト曲の「Get The Happy Feeling」も、ギターのテクニックを披露するというよりは、全体の柔らかいアンサンブルで魅了する曲。どの曲もそうだが、Henry Gibsonのパーカッションの音がサウンドの軸になっており、柔らかいグルーヴを生み出している。

ジャケットの美しいこと。豪快に波しぶきを上げる海も、空から降り注ぐ黄金の陽光も神々しい。天国なのか、地上の楽園なのか。ちなみに、レムリアとは、かつて存在していたとされる伝説上の大陸らしい。

●収録曲
1. Hunk Of Heaven - 4:00
2. All I've Got To Give - 5:12
3. Dreams - 3:57
4. Mister U (Universe) - 7:10
5. Get That Happy Feeling - 4:07
6. Moonlight Affair - 5:10
7. Mystery Love - 5:12
8. The Making Of You - 3:50
9. The Lady And The Dude - 3:35


◆プロデュース: Kirk Thompson(ar), Master Henry Gibson(per)

◆参加ミュージシャン: Star Williams/Azure McCall/Merri Lake/Stacie Johnson(vo), John Rapoza(g), Kit Ebersbach(k), Gary Sprewel(b, vo), Bert DeJesus(ds), Creed Fernandez(per), Mark Stone/Bill Popaka/Chet Christopher/Gordon Uchima(sax), Ira Nepus(tb), Bill Simmons/Mike Morita(tp), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2018/06/24 11:21 Soul / R&B(70年代) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/589-8a2cd11e
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - TOTO / TOTO (宇宙の騎士) 2019/07/22
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ