洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Lemuria / Lemuria (1978年) - アルバム・レビュー

2018年06月24日
Soul / R&B(70年代) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Lemuriaの1978年のアルバム『Lemuria』の紹介です。
Lemuria / Lemuria (1978年)
Lemuriaは1978年にハワイで結成されたグループ。中心メンバーのKirk Thompson(k)は、ハワイを代表するグループであるKalapanaに在籍していた。また、Curtis Mayfieldのバンド・メンバーなどを経験したベテラン・パーカッション奏者のHenry Gibsonもメンバーになっている。他に、"The Ladies Of Lemuria" という4人の女性ヴォーカルと、"The Lemuria Horns" という7人編成のホーン・セクションを擁しており、なかなかの大所帯だ。

この『Lemuria』は彼らが残した唯一のアルバム。そのサウンドは、ソウル、ファンク、ジャズなどの要素をミックスしたもので、ナチュラルでピースフル。ハワイに行ったことはないものの、ハワイ産を感じさせる心地よさがある。プロデュースを手がけたのも、Kirk ThompsonとHenry Gibsonの二人。曲作りに関しては、Kirkが8曲(1-4, 6-9)を、ギタリストのJohn Rapozaが1曲(5)を書いている。

Johnの書いた「Get That Happy Feeling」はインスト曲だが、残りはヴォーカル曲。曲によってリード・ヴォーカルが変わり、"The Ladies Of Lemuria" のうちのStacieが3曲(1, 4, 6)、Starが3曲(2, 3, 7), Azureが1曲(8)を分担。ラストの「The Lady And The Dude」では、StacieとベーシストのGary Sprewelがデュエットしている。

綺麗なピアノのイントロで始まる「Hunk Of Heaven」は、一転してファンキーでノリのいい、ラテン系の曲に変わる。切れのあるホーンや爽やかな女性ヴォーカルは、同じハワイ出身のSeawindみたい。

「All I've Got To Give」はメロウでグルーヴィな曲。生楽器の音が優しくて気持ちいい。「Dreams」「Mister U (Universe)」「Moonlight Affair」「The Making Of You」も、そのタイトルから想像できるように、穏やかでナチュラルな曲。アルバムの多くをメロウな曲が占めている。

インスト曲の「Get The Happy Feeling」も、ギターのテクニックを披露するというよりは、全体の柔らかいアンサンブルで魅了する曲。どの曲もそうだが、Henry Gibsonのパーカッションの音がサウンドの軸になっており、柔らかいグルーヴを生み出している。

ジャケットの美しいこと。豪快に波しぶきを上げる海も、空から降り注ぐ黄金の陽光も神々しい。天国なのか、地上の楽園なのか。ちなみに、レムリアとは、かつて存在していたとされる伝説上の大陸らしい。

●収録曲
1. Hunk Of Heaven - 4:00
2. All I've Got To Give - 5:12
3. Dreams - 3:57
4. Mister U (Universe) - 7:10
5. Get That Happy Feeling - 4:07
6. Moonlight Affair - 5:10
7. Mystery Love - 5:12
8. The Making Of You - 3:50
9. The Lady And The Dude - 3:35


◆プロデュース: Kirk Thompson(ar), Master Henry Gibson(per)

◆参加ミュージシャン: Star Williams/Azure McCall/Merri Lake/Stacie Johnson(vo), John Rapoza(g), Kit Ebersbach(k), Gary Sprewel(b, vo), Bert DeJesus(ds), Creed Fernandez(per), Mark Stone/Bill Popaka/Chet Christopher/Gordon Uchima(sax), Ira Nepus(tb), Bill Simmons/Mike Morita(tp), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません