洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Denne And Gold / Denne And Gold (1978年) - アルバム・レビュー

2017年07月07日
AOR名盤(1978年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Denne And Goldの1978年のアルバム『Denne And Gold』の紹介です。
Denne And Gold / Denne And Gold (1978年)
Denne And GoldはMicky DenneとKen Goldの二人による英国のソングライター・デュオ。Ken Goldはプロデューサーとしても仕事をしており、この二人でThe Real ThingやDelegation、Billy Oceanなど、70年代、80年代のUKソウル・グループ/アーティストへの曲提供やプロデュースを数多く行っている。

本作は彼らの唯一のアルバム。軽やかで柔らかいブルー・アイド・ソウルが満載で、さながら初期のHall & Oatesの英国版といった趣き。

「Why Do We Hurt Each Other」のみMicky単独の作だが、それ以外の曲は全て二人の共作。Paul McCartneyの「Coming Up」を思わせる「We've Got It Jumpin' Now」のようなアップ・テンポのファンキーなナンバーもあるが、ミディアム~スローの涼やかでメロウな曲に彼らの良さが表れる。

Daryl Hallの卓越した歌唱力と比べると二人の歌声は見劣りするかも知れないが、ファルセットも時折使いながら気持ち良さそうに歌うところが良い。バックのミュージシャンは英国の実力派で、中には英国ジャズ・ロック・シーンで活躍するギタリストのRay Russellの名前もあり、興味深い。

このアルバムのCDは2001年に日本で世界初CD化された。今は入手困難になっているが、ソニーの「AOR CITY 1000」シリーズから昨年7月にBilly Oceanの81年のアルバム『』のCDが再発され、そこではKen Goldが7曲を共作しているので、本作もそろそろかなぁ、などと思っている。

●収録曲
1. Let's Put Our Love Back Together - 3:43
2. It Hurts To Watch A Good Thing Die - 3:37
3. Midnite Creeper - 4:50
4. Don't Go Away (And Take Your Love Out Of Town) - 5:01
5. You've Got To Give Me All Your Lovin' - 3:57
6. We've Got It Jumpin' Now - 3:15
7. I Can't Ask For Anything More Than You - 4:16
8. Why Do We Hurt Each Other - 3:59
9. Uncertain - 3:49
10. If I Could Just Be With You Tonight - 3:03


◆プロデュース: George Lee

◆参加ミュージシャン: Michy Denne(vo, g), Ken Gold(vo, g, b, ds)
with Paul Keogh/Ray Russell(g), Lynton Naiff/Dave Lawson(sy), Alan Tarney(b), Nigel Wilkinson(ds), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません