音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Danny Deardorffの1981年のアルバム『Chameleon』。
Danny Deardorff / Chameleon (1981年)
Danny Deardorffは、車いすのシンガー・ソングライター。幼少期にポリオを患ったことで車いすの生活となるも、そのハンディを乗り越えてプロのミュージシャンになった。

23歳になる1975年には早くもアルバム・デビュー。奥様のJoyceとの "Danny & Joyce" 名義のアルバム『Ma La Lady』が、Dannyのデビュー作になる。さらに翌76年には、シンガー・ソングライターのMarcus Josephと "Deardorff And Joseph" を組んで、アルバム『』を発表する。だが、Deardorff And Josephは長続きせず、1枚でユニットを解散してしまう。

『Chameleon』は、その5年後にリリースされたDannyのソロ・アルバム。口髭を生やしたやんちゃそうな微笑みを見ると、ブラック・コンテンポラリー系のディープな音を想像するが、聴こえてくる声は意外にも少年のようにピュアな美声。サウンドも、Air Supplyのように爽やかで甘い。

収録曲は、ミュージカル『オズの魔法使い』の劇中歌である「虹の彼方に」を除いてDannyのオリジナル。このうち、Dennis Yadonと2曲(1, 3)、David Batteauと1曲(2)を共作している。

David Batteauと共作した「Teach Me To Dance」は、そよ風のように爽やかなメロウ・チューン。「I Want To Give You My Dreams」や「Songs From The Planet Earth / The Spaceman Song」のメロディの美しさにも感動する。ドリーミーな「虹の彼方に」が、違和感なくアルバムの1曲になっている感じ。

バック・ミュージシャンは、Gregg Mathieson/Bill Cuomo(k)やCarlos Vega(ds)など、LAの実力派。また、前2作でプロデュースを手がけたLouis Sheltonがギタリストとして全面参加したほか、Dannyを見い出したSeals & Croftsの名前もある。

本作は2012年にヴィヴィド・サウンドから世界初CD化された。そのボーナス・トラックには、クリスマスのコンピレーション・アルバム『』(85年)と『』(87年)から、Dannyの歌った曲が1曲ずつ収録されており、クリスマス(もう過ぎたけど・・・)らしい天使の歌声を聴くことができる。

●収録曲
1. Do You Want To Win - 4:00
2. Teach Me To Dance - 3:34
3. I Want To Give You My Dreams - 2:56
4. Get Me On The Radio - 3:20
5. Songs From The Planet Earth / The Spaceman Song - 5:10
6. Chameleon - 2:52
7. Gypsy Wind - 4:27
8. Somewhere Over The Rainbow - 3:27
9. Don't Bring Me Down (With Your Steel Guitar) - 3:14
10. The Songbird's Promise - 5:15
11. Christmas Town (Bonus Track) - 3:56
12. The Peace Child (Bonus Track) - 4:45


◆プロデュース: Joe Bogan, Danny Deardorff(vo, harmonica, mandolin)

◆参加ミュージシャン: David Campbell/Greg Mathieson/Bill Cuomo(ar, k), Louis Shelton(ar, g), John Hobbs(k), Dennis Belfield/Les Hurdie(b), Carlos Vega(ds), Paulinho Da Costa(per), Seals & Crofts/Penny Nicholas(bv), etc


関連記事

ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。


スポンサーリンク



2019/01/08 10:58 AOR名盤(1981年) TB(0) CM(0)
コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/68-ab2d9af4
ブログ内検索
プロフィール (Warm Breeze)

Warm Breeze

70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。


スポンサーリンク
最新記事一覧
AOR名盤(1978年) - TOTO / TOTO (宇宙の騎士) 2019/07/22
AOR名盤(1980年) - Boz Scaggs / Middle Man 2019/07/16
AOR名盤(1982年) - Dwayne Ford / Needless Freaking 2019/07/13
AOR名盤(1978年) - Melissa Manchester / Don't Cry Out Loud 2019/07/09
AOR名盤(1981年) - Niteflyte / Niteflyte II 2019/07/06
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rockの名盤 435選Rockの名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ