洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Joni Mitchell / Studio Albums 1968-1979 (CDボックス・セット)

2013年04月28日
BOXセット(Rock / Pops) 0
Joni Mitchellの10CDのBOXセット『The Studio Albums 1968-1979』の紹介です。
Joni Mitchell / Studio Albums 1968-1979
丁寧なリイシューで知られるRhinoレーベルから、2012年11月に発売されたBOXセットです。Joni Mitchellのデビューから70年代までの全てのスタジオ・アルバム(10作品)のCDが収録されています。

各アルバムは見開きの紙ジャケットになっており、以前に紹介したChicagoVan HalenのBOXセットと比べると、紙ジャケットの作りがとても丁寧です。この内容で、2,637円(*)という価格は驚き。(*)執筆時点の価格

Joni Mitchellはレべルの高い、内容の濃い作品を作ることで定評があります。特に、Jaco Pastorius(b)が参加した3作『Hejira / 逃避行』(76年)、『Don Juan's Reckless Daughter / ドンファンのじゃじゃ馬娘』(77年)、『Mingus』(79年)や、傑作と言われる『Blue』(71年)、『Court and Spark』(74年)はお薦め。

こうした名盤のCDが低価格でまとめて入手できるというのは、洋楽好きにとっては大変ありがたいことです。いい時代になりました。

●BOXセットの内容
1.『Song to a Seagull (Joni Mitchell) / ジョニ・ミッチェル』(68年)
2.『Clouds / 青春の光と影』(69年)
3.『Ladies of the Canyon』(70年)
4.『Blue』(71年)
5.『For the Roses / バラにおくる』(72年)
6.『Court and Spark』(74年)
7.『The Hissing of Summer Lawns / 夏草の誘い』(75年)
8.『Hejira / 逃避行』(76年)
9.『Don Juan's Reckless Daughter / ドンファンのじゃじゃ馬娘』(77年)
10.『Mingus』(79年)


関連サイト

関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません