音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

スポンサーリンク

Mike Finniganの1978年のアルバム『Black & White』。
Mike Finnigan / Black & White (1978年)
Mike Finniganはセッション・キーボーディスト兼ヴォーカリストとして、60年代後半から様々なアーティストと活動を共にしたベテラン・ミュージシャン。バンドの一員としての活動も、70年代のDave Masonバンドでの活動や、その後のDFK(The Dudek, Finnigan, Krueger Band)の結成などが知られている。

ソロ・アルバムは2枚あり、本作はセカンド・アルバム。76年のデビュー作『Mike Finnigan』はスワンプ・ロックの名盤と言われているが、本作『Black & White』はFinniganのシンガーとしての魅力と力量を存分に伝える内容。長身を生かしたそのパワフルな歌声は、しばしばBill Champlinと比較される。

本作にはDave Mason(g)の他、MasonバンドのメンバーであったJim Krueger(g), Rick Jaeger(ds), Bob Gloub/Gerald Johnson(b)が参加した。また、Les Dudek(g)も参加しており、DFK結成の布石となっている。

収録曲にはカヴァー曲が2曲(7, 9)あり、残りをAl Kooper(1)、Max Gronenthal(2, 5, 6, 8)、Jim Krueger(3)、Tom Jans(4)、Richard Stekol(10)等が提供した。

ポップで爽やかな「Just One Minute More」やアコースティックの名品「The Words」、メロウ・ミディアムの「Can't Keep A Secret」や熱唱系の情熱的なバラード「I Could Never Leave You」、コクのあるグルーヴが心地よいファンキー・チューン「Hideaway From Love」など、良曲が揃っている。

このうち、Jim Krueger作の「The Words」は、Dave Masonの同年のアルバム『』にも収録された。また、カヴァー曲のうち「Expressway To Your Heart」は、Soul Survivorsの67年のヒット曲(全米4位)。もう一方の「Let Me Love You」は、Ray Kennedy作のソウルフルなロック・ナンバーで、Ray Kennedyが在籍したKGBの76年のデビュー作『』の収録曲である。

Mike Finniganの豪快な歌いっぷりは、確かにBill Champlinを思わせる。「I Could Never Leave You」のような一途なバラードにおける熱さはBill Champlin以上かも知れない。

Bill Champlinも同じ年に『Single / 独身貴族』でソロ・デビューするが、その後の活動の幅はFinniganよりも広い。曲作りの才能に恵まれていたことと、甘いバラード系も歌いこなす器用さがそうさせたのかも知れない。

Mike Finniganは本作の後、Les Dudek、Jim Kruegerとロック・バンドのDFKを結成し、80年にアルバム『DFK』でデビューする。ダイナミックで爽快なロック・ナンバーを揃えた男っぽいアルバムで、お薦めだ。

●収録曲
1. Just One Minute More - 3:32
2. How Wrong Can You Be - 4:19
3. The Words - 3:12
4. Can't Keep A Secret - 3:30
5. I Could Never Leave You - 4:13
6. Sailfish - 4:04
7. Expressway To Your Heart - 3:54
8. Love Might Keep Us Forever - 3:34
9. Let Me Love You - 2:45
10. Hideaway From Love - 4:23


◆プロデュース: Ron Nevison

◆参加ミュージシャン: Mike Finnigan(vo, k), Dave Mason(g), Les Dudek/Jim Krueger(g, bv), Max Gronenthal(k, bv), Bob Gloub/Gerald Johnson(b), Jeff Porcaro/James Gadson/Rick Jaeger(ds), Bobbye Hall(per), Marty McCall(bv), etc


関連記事

最後までお読みいただきありがとうございます。
ブログ・ランキングの応援をよろしくお願いします。

▶スポンサーリンク



2017/05/28 16:10 AOR名盤(1978年) TB(0) CM(0)
コメント













 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
https://coolsnd.blog.fc2.com/tb.php/91-10337096
カテゴリ

+ボタンをクリックするとツリーが開きます。

スポンサーリンク
プロフィール

Warm Breeze

大好きな洋楽を生活のサプリメントにしています。
70's、80'sの洋楽を中心に、豊かで極上の音楽を紹介します。


※写真はBobby Caldwellの1978年のアルバム『Bobby Caldwell

最新記事一覧
AOR名盤(1982年) - Michael McDonald / If That's What It Takes (思慕(ワン・ウェイ・ハート)) 2017/10/20
AOR名盤(1984年) - Michael Ruff / Once In A Lifetime (シティ・ウォーキン) 2017/10/18
AOR名盤(1983年) - Brenda Russell / Two Eyes (出逢いのときめき) 2017/10/16
AOR名盤(1977年) - Michael Franks / Sleeping Gypsy 2017/10/14
AOR名盤(1982年) - David Roberts / All Dressed Up 2017/10/12
リンク
AORの名盤 330選AORの名盤 330選
AORの名盤 約330タイトルを厳選して年代順に紹介します。
Rock(ロック)の名盤 435選Rock(ロック)の名盤 435選
ロックの名盤 435タイトルを厳選して年代順に紹介します。
ロック、ジャズのお薦めCD BOXセットロック、ジャズのCD BOXセット
ロックやジャズのお薦めのCD BOXセットをジャンル別に紹介します。
ベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクションベストヒットUSA 80's オープニング・ジャケット・コレクション
番組の冒頭映像で流れるアルバム・ジャケットを紹介します。
Progressive Rock名盤Progressive Rock名盤
プログレッシヴ・ロックの名盤を紹介します。
Hard Rock名盤Hard Rock名盤
ハード・ロックの名盤を紹介します。
Warm Breeze (Twitter)Warm Breeze (Twitter)
管理人が気ままにツイートしています。
アクセスランキング
お気に入りブログ
ローリングウエストさん
『逍遥日記』
rolingwest.exblog.jp
240さん
『音楽の杜』
y240.exblog.jp
アクセスカウンター