洋楽中心生活
Warm Breeze

音楽は心の糧、生活のサプリメント。洋楽を中心に極上の音楽との生活を綴ります。

Boz Scaggs / Silk Degrees (1976年) - アルバム・レビュー

2017年06月14日
AOR名盤(1974~1976年) 0
おすすめのアルバムをショート・レビューで紹介する「アルバム・レビュー」。今日は、Boz Scaggsの1976年のアルバム『Silk Degrees』の紹介です。
Boz Scaggs / Silk Degrees (1976年)
Boz Scaggsはアメリカのブルー・アイド・ソウル/Adult Contemporaryシーンを代表するシンガー・ソングライター。1965年にデビューし、60年代後半にSteve Miller Bandのメンバーだった時期もあるが、基本的にはソロのアーティストとして活動を続けている。

本作はBoz Scaggsの代表作に挙げられることの多いアルバム。また、特にAORにおいては、屈指の名盤として揺るぎない地位を築いている。

本作の発売40周年にあたる昨年(2016年)には、ソニー・ミュージックから「ソニー AOR誕生40周年記念 AOR CITY 1000」と題したシリーズまで企画され、100タイトルのCDが発売された。同シリーズから今年も100タイトルのCDが8月2日8月23日に分けて発売される。中には世界初CD化や日本初CD化というレア物もあり、今から楽しみだ。

さて本作は、メロウで洗練された曲とBozのソウルフルで艶やかな歌声、そして直後にTOTOを結成するDavid Paich(k)、Jeff Porcaro(ds)、David Hungate(b)等の躍動感あふれる演奏が一体化した素晴らしい内容。

写真家のMoshe Brakha(モシャ・ブラカ)が撮影したスタイリッシュなフロント・カヴァーにも目を奪われる。その頃の時代の高揚感のような独特の雰囲気を感じる名盤だ。

「Lowdown」はBillboard Hot 100チャートの3位、「Lido Shuffle」は11位となるヒットを記録し、アルバムもBillboard 200チャートの2位を記録。76年のグラミー賞では、「Lowdown」がBest R&B Songに輝いた。

また、「Harbor Lights / 港の灯」や「We're All Alone / 二人だけ」という名バラードを収録していることでも知られる。

BS-TBSの洋楽番組『Song To Soul』で「We're All Alone」を取りあげたことがあり、Boz本人がこの美しい歌詞にまつわる秘話を語っていた。私的な曲であること、詞を書けずに苦労したが、レコーディングのマイクに向かった時に突然言葉が溢れ出てきたことを語っており、感動した憶えがある。

若いころ、この曲のタイトルを "皆一人ぼっち" という寂しい意味に誤解していたが、"二人きり" というロマンティックな意味だということを大人になってから理解した。

●収録曲
1. What Can I Say / 何て言えばいいんだろう - 3:01
2. Georgia - 3:57
3. Jump Street - 5:14
4. What Do You Want The Girl To Do / あの娘に何をさせたいんだ - 3:53
5. Harbor Lights / 港の灯 - 5:58
6. Lowdown - 5:18
7. It's Over / すべては終わり - 2:52
8. Love Me Tomorrow / 明日に愛して - 3:17
9. Lido Shuffle - 3:44
10. We're All Alone / 二人だけ - 4:14


◆プロデュース: Joe Wissert

◆参加ミュージシャン: David Paich(k, ar), Louie Shelton/Fred Tackett/Les Dudek(g), David Hungate(b), Jeff Porcaro(ds), Tom Scott(sax), Joe Porcaro(per), etc


関連記事
この記事が参考になりましたらクリックをお願いします。

気に入ったらシェア!

Warm Breeze
この記事を書いた人: Warm Breeze
70年代、80年代の洋楽やAORを中心に、心の栄養と生活の潤いを与えてくれる素敵な音楽を紹介します。どちらかというと埋もれている名作を紹介したいという気持ちが強いです。

コメント0件

コメントはまだありません